本文へスキップ

医学部受験対策のアイメック 大阪市天王寺駅・難波駅

Tel.06-6777-8076
授業中の時は、折り返しのお電話になります。

医学部受験対策の個別指導

2018年度合格校 詳細
大阪市天王寺駅近くの個別指導学習塾アイメック
再受験の社会人、高校生、中高一貫生の中学生の方に対応して個別指導致します。
英語・数学・化学の受験指導ならお任せください。

天王寺区個別指導塾完全オーダーメード天王寺区個別指導塾生徒目線の授業

自習室のみのの利用をお考えの方はこちらをクリックして下さい。

医学部の実績はないですが、苦手対策ならお任せください!

医学部の数学はオーソドックスな問題揃い。
 医学部と言えば、高額な学費ですよね。それ故に、国公立大学を狙うとなりますが、非常に科目負担が大きくなります。しかし近年は、私立の順天堂大学や関西医科大学が学費を下げたことにより、目一杯頑張れば受験校の対象になりえる存在になりました。合格実績でまだ医学部はないアイメックでありますが、社会人指導では関西で唯一無二の存在と自負しており、社会人の方を始めとした医学部を志望される方向けの指導体制を整えつつあります。関西の医学部の大学だけでなく、新設の東北医科薬科大、杏林大、北里大、日大等の私立大学、地方国立の鳥取や高知等、様々な大学の過去問を研究しております。数学は他の科目に比べオーソドックスですので、ぜひ得点源にしておきたいと言えるでしょう。数学が伸び悩んでいる方は、ぜひアイメックに声を掛けて下さい。
医学部の英語は文法重視、医学単語を多く覚えて読解訓練。
 医学部と他の大学の傾向の違いは?私立で特に顕著でありますが、一般の有名私立大学は読解量の多い長文が目立ちますが、医学部の長文はそれほど長くありません。しかし、何と言っても医療を題材にした長文が出され、難解な医学単語が多く現れます。有名私大の長文読解の訓練をして、かつ医学単語をたくさん覚えなくてはならないのですね。そして何と言っても、英文法の独立問題が多く出題されます。生徒に学習指導をしていると感じるのですが、文法で点が取れなければ、合格点にたどり着くのが困難になりますね。でも、文法を完全理解していると、点数がブレません。ぜひ、英文法は完全理解を目指し、それから長文対策をして下さい。
医学部は何と言っても理科が難しい。
 化学・物理を指導している私でありますが、医学部の化学・物理は数年後の予定です。まずは数学・英語で成果を出したいと考えております。

関西医科大・近畿大・大阪医科大・兵庫医科大・地方国立大

まずは関西医科大!
 アイメックは医学部の合格実績を心より求めております。特に関西医科大は私立の中で一番求めています。なぜなら上記の4大学の中で学費が一番安く、社会人の受験率が高いからです。そのために、英語・数学・化学の過去問研究を重ねています(化学・物理は数英が済んでからと考えています)。ぜひ、一緒に頑張っていきましょう。
数学はどこの大学も基礎重視になりつつある。

 上記に挙げた大学だけだけでなく、杏林大学や日大など色々な大学医学部の問題を解いてまいりましたが、手も足も出ないような問題は皆無で、基礎力がしっかり身についていれば、完答すら可能と考えております。鳥取大学医学部の数学などは、有名私大の理工系より易しいのではと感じるくらいです。数学は確実に黄チャートをしっかり使いこなせば、過去問演習突入で良いと考えます。時間内に正確に正答に辿り着く力が必要です。どこの大学も傾向は似ていますね。関西医科大が少し難しめと見ています。
英語は英文法の本質理解と医療英単語の暗記、そして、時間内に解く力が重要。

 英語の長文はどこも医療に関する題材が出題され、医療系の英単語は網羅的に覚えておく必要があります。読解力については、関関同立辺りの長文を解ける力があれば十分です。わからない英単語が出てきても、類推することを意識し、内容把握の落としどころをしっかり認識しておくことが大切です。英文法等の独立問題は5割以上であり、有名私大に比べ配点が高いです。そして、英文法の仕組みをしっかり理解しておくこととが重要です。極端なことを言えば、勘の良い中学生なら解けるのでは思えるくらいの基礎を尋ねる問題が出題されます。しかし、暗記一辺倒で根本理解ができていない大学受験生であれば、その問題を間違ってしまうということがあり得ます。
化学は基礎から超応用・細部までバラエティに富んだ出題。
 医学部は何と言っても、理科で難しい問題が出題されます。しかし合格点を考えれば、そういった重箱の隅のような難しい問題は解ける必要がないと思います。やはり、数学・英語同様、基礎〜標準レベルの問題を確実に解くことが重要です。計算は時間が掛かる場合が多いので、暗算力や計算の工夫は日頃から鍛えておきたいです。
小論文では、医療知識を問う問題は減少傾向。患者の立場に立てるコミュニケーション力を問う問題が目立つ。
 この20年でキュアからケアへの医療に変換してきたと言われておりますが、まさに医学部入試においても、患者やそのご家族の方へのケアがしっかりできる人間であるか否かが重要となっているようです。その背景には、学力が高くても人間として医師の適性がなく、中退者が多く出てきたということがあると思います。出題される題材だけを見れば、教育系や看護系の問題ではないかと思えるくらい、人間力を見極める意図が込められた題材が問題に含まれております。






サイトマップ  

バナースペース

アイメック

梅田・難波・京橋
出張授業

アイメック天王寺校

〒543-0054
大阪府大阪市天王寺区南河堀9−43
天王寺北口ビル802号室
天王寺校アクセス