本文へスキップ

大阪の薬学部受験・英語・数学・化学の個別指導塾予備校 天王寺駅・梅田駅

Tel.06-6777-8076
授業中の時は、折り返しのお電話になります。

大阪の薬学部受験・英数化学の個別指導塾

私立薬学部の受験対策ならお任せください。
英語・数学・化学の過去問を研究し続けてきております。
志望校に合わせた受験対策が可能です。


Youtube動画授業 
授業担当をする先生がどんな人で、どんな教え方をするのかがわかります。
ホワイトボードを使って授業をしていますが、個別指導では家庭教師のように授業を致します。
近畿大学 化学・圧力 化学・モル濃度
大阪薬科大学 英作文 英作文 数学・相加相乗平均
数学・加法定理
神戸薬科大学 化学・エネルギー 
関西学院大学 化学・圧力
摂南大学 式の計算 整数・集合
森ノ宮医療大学 命題・必要十分条件 2次関数平行移動
新潟大学 化学・気体
三重大学
化学・アボガドロ定数
九州大学 化学・硫酸銅の析出

有名私立大学人気企業就職者数

2018年度合格校 詳細

アイメックは塾長が英語・数学・化学を担当します。
京都薬科大攻略(2017年入試より)→
詳細 
大阪薬科大(2018年公募)を解いてみた。→詳細
真の薬剤師国家試験合格率→詳細 (留年率を含めた薬剤師ストレート合格率)
天王寺区個別指導塾完全オーダーメード天王寺区個別指導塾生徒目線の授業
医学部受験はこちらをクリック! 看護学部受験はこちらをクリック!
近畿大学英語 24業種就職者数大学 私立大学偏差値
自習室のみのの利用をお考えの方はこちらをクリックして下さい。

薬学・農学に向けた英数化学はお任せ下さい!

塾経営者である一人の講師が英語・数学・化学を指導します。
 だからこそ、立命館薬学・京都薬科大・大阪薬科大・近大薬学など様々な大学の過去問(英・数・化)を研究しているので、総合的な観点で勉強の進め方のアドバイスができます。一人の先生で英・数・化が質問できるので、何かと臨機応変な対応ができます。近年はどこの大学もそれほど癖のある問題を出題しなくなっており、基礎重視、スピードが重要になってきています。学校の授業が重要になってきているとも言え、定期考査対策をしっかりとしつつ、受験対策のバックアップをしております。私立の薬学部に関しては、もはや予備校は不要になってきていると思います。
生徒さんの学力状況を把握して、英語・数学・化学の疑問をワンストップで解決!
 学校でも予備校でもそうですが、普通は英語・数学・化学の先生は異なります。数学の質問はできたけども、化学の質問は担当の先生の手が空いた時を待たなくてはいけないというようになります。また、担当の先生が質問をしている生徒の学力を把握しているとは限らないとも言えるでしょう。だから説明を受けたけど、よく理解できなかったということも起こりえます。志望校がどこで、得手不得手を考慮して、どう勉強を進めていけば良いかについて合理的なアドバイスをすることはほぼ不可能でしょう。志望校の出題されている問題でも易しい物から難しい物まであるでしょう。合格点が6割程ですから、全部解ける必要はないのです。努力すれば解けるようになる問題でも、短時間で解決するものもあれば、長時間を要するものもあるのです。生徒さんの学力状況をしっかり把握していないと、注力すべきところ、スルーしても良いところのアドバイスができないのです。しかしアイメックでは、そういった問題点が全て解決されます。生徒さんの状況に合わせた説明をし、学習方法の提案もいたします。ムリ無駄のない勉強で合格を勝ち取れるよう、頑張ってまいりたいと思っています。
私立薬学部の入問題はどの大学でも基礎重視
 薬学部の中には関関同立と同レベルの大学も存在しますが、押しなべて言えることは、関関同立以上に基礎重視の傾向が強いです。特に英語については、読解量を要する長文は出題されず、関関同立の3分の1ほどの分量と言って良いでしょう。その分、文法の独立問題や会話問題が多く出題されます。英文法問題集で理解力を高め、ネクストステージ等で知識を定着させることが重要です。数学も非常にオーソドックスな問題であり、創作問題は皆無です(立命の薬学部を除く)。化学については、京都薬科大は標準以上の問題が出題されます。他大学は基本問題ばかりです。近大の薬学部の合格点が75%以上になるなど、どこの大学も合格点が高めです。基礎を網羅的に叩いておくことが確実な勉強法と言えるでしょう。
関西の私立薬学部の勝ち取るのに予備校は不要。
 学校の授業で知識が曖昧なところをなくすことが何より重要です。だから、自分自身の理解の仕方に問題がないかを客観的に見ていただける個別指導塾が薬学部受験にはピッタリなはずです。アイメックは一人の先生が英・数・化学を担当しますので、受験校に合わせたムリ無駄のない勉強法を提案いたします。
大手予備校であっても個別指導は学生講師 アイメックはプロ講師で責任指導
 個別指導の場合、どうしても大学生の講師になります。その大学生が薬学専攻の方であれば、値打ちはあるでしょう。しかし残念ながら、99%薬学部以外の方が担当になります。なぜなら、薬学部在籍の学生は実習等で忙しい日々を過ごし、予備校講師をしている暇などないからです(しかも、薬学部は留年率が高く、国家試験合格率も厳しくなっている)。結局のところ、薬学以外の大学生が担当を引き継ぎながら担当することになります。短ければ、3カ月ほどで担当が変わる場合もあるでしょう。担当は理系の大学生であり、やはり大学の勉強が忙しいためです。アイメックは英語・数学・化学とも担当講師は塾長ですので、担当が途中で変わることはありません。しかも、授業途中で科目チェンジをしていただけるのです。80分の授業を20分化学・30分英語・30分数学と分けていただくこともできるのです。薬学の実績は、まだまだこれからの塾です。しかし、過去問研究を常にしており、適切な情報を提供できると自負しております。是非、アイメックに薬学部受験対策をお任せ下さい。
学校や家庭の教材を持ち込んで質問・演習ができる

 個々の生徒に対応した学習指導になりますので、学校や家庭の教材を持ち込んで、質問や演習をしていただけます。ですから、定期考査対策や小テスト対策等自由自在です。
各高校ごとでの定期考査対策を行います。

 高校により定期考査の内容は大きく異なります。それぞれの出題内容を考慮に入れた学習指導・対策指導を行います。そのため、生徒の理解に無理・無駄のない学習指導を行います。

塾経営者は高校理系・大学文系だから、勉強以外に進路にも詳しいぞ

私大文系出身・卒業後10年のブランクで塾業界に入り化学・英語・理系数学を勉強してきました。
 だからこそ、化学の勉強で苦労されている方の気持ちが分かります。化学が得意でないけど、薬学部や農学部に進学したいという方が多いと知り、私も化学を一生懸命努力してきました。膨大な化学反応式・色・沈殿溶解の暗記、多様な計算、様々な製法等、乗り越えるべき課題は多いです。でも、化学は数学英語と違い成果を早く出せる科目です。努力は必ず報われます。化学の勉強で苦労してきた私だから皆様の苦労がわかります。是非、一緒に頑張っていきましょう。
受験サプリとの併用をしていただけます。
 受験サプリの化学は一通り視聴しました。トップレベルは難関国公立に照準を当てています。だから、私学や中堅国立合格であれば、完全マスターは不要です。受験サプリの授業での質問も承っており、スルーしていい所等お伝えいたします。ただ、一通り視聴して大よそ理解できたとなれば、後は過去問演習で良いでしょう。それだけで関関同立・私立薬学部や中堅国公立は対応できます。兎に角、過去問をいっぱい解きましょう。当塾で過去問演習をしていただけますので、何なりリクエストして下さい。

京都薬科大攻略(2017年入試より)

数学→平易 英語→標準 化学→やや難
  医薬系の大学ならどこでも同様ですが、化学が難しく、数学が易しいと言えます。2016年以前と比較して、英数が少し易しなったように見えます。化学は難しいというより問題量が半端なく多く、実験データやリード文の読み取りに時間が掛かります。90分という時間でボリュームある大問5問を完答させるのは至難の業ではないでしょうか。ただ一つ一つの問題を見ていくと、中学の知識や常識的判断で解ける問題も散見され、合格点を取ることは容易だと思います。数学はセンターより易しいです。かつては解法を見出すのに苦労する問題がありましたが、2017年はそういった問題が一切なく、基礎力を問う問題ばかりが出題されていました。英語は長文が医療に関する題材なだけに難単語続発ですが、ことごとく注釈があります(一つ一つ注釈を見ながら読み進めるのは割と大変ですが…)。500語程度の長文2つと200語程度の会話文の出題となりますが、問題として見た場合は会話問題が一番正答率が低くなるかも知れません。長文の記号問題や穴埋め問題は所見で解けるように思いますが、会話問題は判断に時間が掛かる選択肢が多いです。記述問題は7割狙いであれば、容易だと思います。

京都薬科大B方式の達成可能点数を大胆予測しました。
   
 B方式 英語・数学・化学とも各200点 英語   数学  化学  合計 合格点 
 河合模試・偏差値55の生徒が
3か月後に達成可能と思われる点数
 140  160  110  410  393
 どの教科も言えますが、苦手単元はなくしましょう。
基礎力をしっかり身に付けることが大切で、数学は可能なら満点を目指しましょう。
英語は問題慣れが大切です。
難単語が続発で注釈がありますが、20以上の注釈があり、注釈を見ながら長文を読み進めるのには慣れが必要です。
例年、会話問題で記号選択の判断がやりにくいです。
化学は間違いなく時間が足りませんので、解ける問題から解いていきましょう。
重箱の隅は放っておいて良いでしょう。要は合格点を超えれば良いのですから。

まず、どの科目も河合で偏差値50超え(ベネッセなら57くらいか?)を目指しましょう。
英数が苦手なままだと、一般で合格することは難しいです。
化学については、他の大学よりも思考力を問う問題が出題されます。
聞いたことがない物質や見たことがないデータを見て、問題を解くのに必要な情報を読み取れるかどうかがポイントです。
基礎知識の徹底は勿論ですが、データの多い問題に慣れておく必要があります。
現代文かよと思いそうになるくらい、リード文が長いですし、データも多いです。

薬学部・薬剤師国家試験の真の合格率ランキング

真の合格率ランキングとは留年者数・入学者数を考慮した合格率です。
  薬学部の大学を選ぶ際に大きな指標になるのが、薬剤師国家試験合格率です。1990年〜2008年に多くの薬学部が新設されました。薬剤師国家試験合格率では非常に高い数字が出ているにも関わらず、実際は留年を繰り返し、薬剤師になることができなかったという大学が多くなり、真の合格率が重要視されるようになってきました。
下記のURLをクリックして下さい。
http://www3.plala.or.jp/atropine/sin102goukaku.html
最新の102回国家試験の真の合格率ランキングですが、国公立が上位に固まるのは当然のことといたしまして、関西の私学を見てみましょう。
ストレート合格率 立命館60.5 京都薬科58.7 同志社女子57.7 神戸薬科48.4 近畿47.4 摂南31.9 武庫川女子31.0 神戸学院23.7 大阪大谷18.7 姫路独協17.8 兵庫医療12.5 大阪薬科は創薬と同時募集のため数値不明
6年卒業で薬剤師国家試験に合格している学生は、高くて6割、低ければ2割以下ということです。もはや薬学部入学=薬剤師になれるとは限らなくなっています。しっかりと受験勉強をして、少しでも上位の学校に向けて頑張りましょう。その努力は、決して無駄にはなりません。





サイトマップ
 

バナースペース

アイメック

アイメック天王寺校
〒543-0054
大阪府大阪市天王寺区南河堀9−43
天王寺北口ビル802号室
天王寺校アクセス
アイメック梅田オフィス
〒530-0047
大阪府大阪府大阪市北区西天満4丁目5?5 マーキス梅田407
梅田出張授業